読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1日の終わりに

1日を振り返り明日への想いを馳せる

仕事をしていると長い1日だが休日だと早い

どんな1日でも1日でそれを繰り返すとあっというまに1年

そして10年、20年…

これまでけして短い時間だったとは思っていないけどいい年まで来てしまうとあとは下降だけと思って寂しくなったりもするし時間の重さや二度と戻らない決定的なものも痛感する

なんとか次のステージまで上り詰めたがここで仕事が入ってしまい肝心の取引がなかなか始められない

時間に終われることが多いからゆっくり季節を感じることがしばらくなかったけど今年の春にはいろいろ落ち着いて時間もあるだろうから気ままに旅行に行こうと思ってる

どうでもいいけど依然音信不通の親友はやっぱり助ける気にはなれないな

本人が自分で連絡をして来ない限りどんな事情があろうが俺の出る幕ではないと思う

だいたいなんとなくは察しがついているから都合のいい言葉を聞くくらいならそこで後悔しながら死ねばいいのさ

行動で示せないうちは不必要な友だし寄ってきてもうぜーし何より会いたいとも思わない

8年くらいたってると思うけど顔も忘れちまいそうだ

今年は飛躍するために我道を突っ走るぜ