読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分には無理だと思った。

まだ10代後半の頃に歳の離れた人と付き合って、その人は低学年の子供がいました。

その子供とも一緒に出かけたり、遊んだりしたし、とても可愛かったなぁ

けど、付き合っている間に将来の事を考えるとこの子供の親になれる自信はなかった。私の性格上、仮に結婚して子供が出来たら、きっと今いる子供は自分の子供以上に愛せないと思った。

結局、その彼とは子供云々は別として違う理由で別れたけど

別れ話の時に「子供のことを大事にしてくれるし、子供も好いてるし、君となら大丈夫だと思っている」みたいなこと言われたけど、それは客観的な考えだし、私もその子供もお友達みたいな付き合いだから仲良く出来たけど『継母と子供』となると関係は変わってくるし、子供にとって母親は1人しかいないのは重々承知。私との結婚の事よりも子供のことを考えれば、そう簡単に言えないことに彼はわかっていなかった。

付き合っている時から散々言ってきたけど、自分の両親に子供を預けないで一緒に住んであげれば良いのにって思ってた。事情があるんだろうけど母親がいない分、愛情をいっぱい分け与えて欲しいと別れ際に涙ながらに訴えたけど、わかってくれたかは不明。

年に数回一緒に遠出してるから父親としてできている、みたいなところがあったから不安だったんだよね。

あれから約10年経ったけど、元彼はどうでも良いけど、その子供がどうなっているかは気になる時がある。元気に楽しく生活していれば良いけどね

「継子をかわいく思えない」「継父の存在がいや」―「子連れ再婚」の実態と支援【著者インタビュー】