読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

散歩

かぁちゃん。

元気にしとりますか?

わしは元気でやっとるよ…

はーい

方言使ってミター

散歩したら、歩いていけば

何か見える気がして

歩いて歩いて

途中公園でおでん食べたりして

贅沢な時間を過ごしたわけです。

ただ。

家の中でやらなければいけないことが沢山ありすぎて、

現実逃避してる罪悪感を感じながらだったので決して楽しくはなかった。え

渋谷の街は人が多いけど、ぶっちゃけ大阪の道頓堀と変わらないように感じてしまう。(渋谷の方が人口密度高いのかもしれないけど)

どこにいたって変わらない。

大学生だった時先生に、東京にいっちゃえばいいじゃない!

″環境が人を変えるのよ″

そう言われたけど

ただ環境に期待だけしたり他力本願じゃ場所を変えてもなにも変わらない。

自分が変わらなければ何も変わらないんだ。

一生懸命生きるってどういうこと?

死に物狂いで励むことも分からない。

こう書いていることは

私はアホですって自分から全体にさらけ出してるみたいで嫌なんだけど

正直まだ分からない。

単純に眠る時間を削って、物事に集中することなのか

人知れず努力することという解釈で間違いないのかな…

自分に限界を感じてきている自分と、まだまだやれるぞと思っている自分。

根拠の無い自信や、自意識過剰だった反動が私をちくちくと試してくる。

最後に勝つのはこれからの私か

それとも

あの日の自意識過剰で何か勘違いしている私か。

スポーツでもどこの世界でもそうだけど、自分に勝つ事がカギになる。

自分に勝たなければ勝利も、未来もない

夢もない

希望もない

生きている意味も見い出せない

私が一番嫌いな人生を諦めている生きる事に不真面目な人間になってしまう。

生まれてきた意味も分からないまま死ぬのは嫌だ。

それだけは阻止しなければいけない…

していることが正しいかも分からない。

遠回りしている気がしてしまう。

今まであった未来に繋がるはずだった列車のレールが切れる。

私はまだ生きたい。

生きる為には、その列車から飛び降りるか、新しいレールを作るのかだ。

私の目標は、生きることに直結しているんだ。

自分が思っているよりもGがもっと必要だ。

今周りに流れている作品達ひとつひとつにはとてつもないエネルギー量や引力を感じるものでなければ誰の耳にも目にも届かないだろう。

その人やその作品の本来の持つ魅力だけでなく、触れた瞬間にパワーを感じさせなければ

それは誰にも届かない。