読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

谷底の神父:寓話

ある谷底に教会がありました。

その教会の神父さんは何十年もその地域のためにお祈りを捧げていました。

ある時、何百年に一度の大洪水が起こりました。どんどん水があふれてきます。

村人が教会にやってきて「神父さん、早く逃げましょう。山の方に行けば助かります」と

言いました。

しかし神父さんは「大丈夫です。私はずっと神様を信じていますから、

絶対に奇跡が起こります。」と言って谷底に残り、お祈りを捧げました。

ところが、洪水の水は一向に引く気配がありません。ついに水が教会の

敷地内にまで入ってきました。

するとボートに乗った村人が教会にやってきて「神父さん危ないです。

このボートに乗って逃げましょう」と助けに来てくれました。

それでも、「いや大丈夫です。必ず神様が助けに来てくれますから

心配しないでください」と神父さんは言って、屋根の上でお祈りを捧げています。

いよいよ水が屋根にまで上がってきました。神父さんは屋根の先端の

十字架の上まで昇って、お祈りを続けました。今度は、村人がヘリコプターに

乗って、神父さんを助けに来ました。縄ばしごを垂らして、神父さんに

「神父さん、死んでしまうから、はしごにつかまって下さい。本当に助けたいのです」

と懇願します。しかし、神父さんは「大丈夫です。今はこういう状態ですが、

必ず神様が助けてくれます」と言って、村人の助けを断ります。

結局神父さんは死んでしまいました。

何十年もお祈りを捧げていたので、天国に行けることになったのですが、

天国の入り口で神様に質問します。

「私は神様のためにお祈りをしてきたのに、どうして奇跡は起きなかったのですか?」

すると神様は答えました。

「3回も助けをやったぞ」と。

聖書中に直接神が手を下される奇跡は数えるぐらいでしょうか。。

例えばモーセの紅海とか。この寓話は奇跡は人から来ることを

教えているものだけど神が人を信頼している証なんですよね。

聖書の教えではないけど、時々この寓話を見ています。