読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カフカの人生訓

過去に学び、現在を生き、未来に希望 心地よい言い方ですが、カフカの絶望論では過去のつらい経験を忘れないつまりトラウマ、目の前の現実は幻影、本当どこに向かうのか? このネガティブパワー、苦しみが力の源。どちらが真実を表しているのでしょうか。順風満帆の人は前者、落ち込んだ人は後者を信じるしかないです。カフカは結肺核で40歳でなくなり、樋口一葉は肺結核で24歳で死亡。二人の差はどこからきているか。それが問題です。カフカのような不条理文学は読んで味わい、心の癒しを感じればいいのかもしれない。  Six words storyでほっとするのがいいのかもしれないです。気に入ったシックスワードです。Strangers, friends, best friends, lovers, strangers. もうひとつAlzheimer`s advantage, new friends every day.深刻な文学は心の中で処理して、自分とは違うと呟けばいいのかもしれないです。