読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新 舞妓日記  449

次男の社会人生活は軌道に乗りつつある。

CADも使いこなして

強度計算とか、図面起こして立体製図作ったり

けっこういろいろやらせてもらってるやん。

社長さんは、社員思いで

残業する社員のために

毎日、パンとおにぎりを用意して帰るそうな。

そんな社長が先日

北朝鮮のミサイル発射の脅威につぃて

社内広報をした。

北朝鮮のミサイル攻撃に伴う安全対策について

警報が鳴った時

ミサイル発射の警報が鳴った時

すでに発射されているとの情報が入った時

攻撃されたとき

墜落地点が近いとき

外部作業中であるとき

など何項目かに分かれており

身をの安全を最優先にする重要事項が書かれている。

社員思いの社長は

ミサイル発射が今日にも行われるのではとささやかれた

当日の朝礼で

今から全員、ガソリンを満タンにして来い

もし、危険な状態になった時に

帰宅困難者を出さないためにも

今すぐ順番に行くように各部署の部長に指示した。

うちの次男には

自転車をそのままにして

送っていくから安心しろ、もし送れなければ上司に指示するから

君の身の安全は確保する

と言った。

先見の明があること

危険予知・危機管理能力が高いこと

社員を大事にすること

大事なことをすべて持っているこの社長の下で

働ける次男

あたしは安心して、会社に行かせることができる。