読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インコ

 Aさんはインコを買っているとか。

 客A「俺、家でインコを飼(コ)うてるねん」

 私 「嫁さんの来てがないから、インコと一緒に暮らしてるんかいな」

 客A「そんなんと違う。インコは可愛いから癒されるわ」

 私 「インコが可愛いから言うて、てんごをしたら、インコウ(淫行)で捕まるで」

 客A「そんなん、せーへんわ」

 私 「インコは何か喋るのと違うの?」

 客A「喋るで。“オハヨウサン”教えたら昼でも夜でも“オハヨウサン”、言いよる」

 私 「朝だけでなく昼でも夜でも“オハヨウサン”かいな。あんまり賢い事ないなあ」

 客A「それしか教えてないんやから、仕方がないやん」

 私 「これから他の言葉も教えんなアカンなあ」

 客A「ホンマやなあ」

 私 「例えば日本昔話のストーリーを喋らせたら面白いで」

 客A「それは難しいなあ。“オハヨウサン”を教えるだけでも4か月もかかったのに」

 私 「そのインコ、覚えるのが遅すぎるわ。俺なんか“オハヨウサン”は幼少の時、1分で覚えたで」

 客A「人間と一緒にしたらアカンがな」

 私 「そのインコ、他に何かせーへんのか?」

 客A「インコを肩の乗せたら、耳たぶを舐めてくれたらエエのに噛みよった」

 私 「その程よい痛さが結構病みつきになってるんと違うのん?」

 客A「そっちの気(ケ)はないわ。ストレスが溜まったらアカンから鳥カゴから出してんねん」

 私 「トイレはちゃんと教えたトコでするか?」

 客A「いや、教えても覚えへん。排泄はしょっちゅうしよる」

 私 「部屋中、インコのインコだらけになるやん」

 客A「それ、ウンコやろ。インコはビビリやから行動範囲は鳥カゴの2m以内やから大丈夫や」

 私 「そうかいな、なんてイイン子なんや。今度、そのインコを見に行ンコう」

 客A「来(コ)んでエエよ」

 一句:独り者 インコとたわむれ 癒されて

 謎かけ:インコとかけて、けたたましい目覚ましの音と解く。どちらも(羽を切る・跳ね起きる)事もあります

※てんご[関西弁]=いたずら、悪さ。