読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生初サヨナラ勝ち!

今まで、応援しているチームのサヨナラ勝ち、見たことなかったんですよね。

阪神は少ない甲子園参戦の中で、引き分け何試合も見ている(笑)

球児が9回2死2ストライクから井上のゴリラに同点弾浴びた中日戦。

真弓が野手を使い果たし、西村が代走で出てきた塵瓜戦(翌日、せやねん!で平田に叩かれていた)。

田中広輔の勝ち越し弾がビデオ判定で二塁打になった広島戦。

もう一試合くらいあったかな?(笑)

信濃はホームしか行ったことないから、チャンスは多いのだが、これまた引き分けか延長負け。

俺は一生、サヨナラ勝ちに縁が無いんだろうな、と諦めていました…

が!

まさか、あんな幕切れになるとは!

信濃×福井(3日17:00長野五輪球場)

福井の先発は、昨年、大スタートーテンポール野郎と天秤にかけられ、不可解な解雇をされた、元阪神岩本輝

先日、参戦を断念した諏訪での試合でも、勝ち負けつかなかったが、試合を作り、チームの勝利に繋げた。

一方、信濃は岩本に苦戦。元NPBを打てないようでは優勝もその先のNPBも見えてこない。

今日は初回に何とか先制したものの、次の回、ドームランか?と思うくらいの2発が出て、あっさり逆転される。

その後、三点差となり、岩本ということもあり、今日の試合の大勢はおおよそ決まったなと思ったら…。

すぐに岩本を攻略し、同点に!

その後は岩本と、名前だけならダルビッシュ二世?の高井ジュリアンとの投手戦が続く。

そして8ウラについに均衡破れ、信濃に勝ち越し点が!

後は抑えのエース、山崎が抑えてくれれば…だったが、二死から追い付かれてしまう。まさに「野球はツーアウトから」という典型的な展開。

まあ、何とか同点で終わらせたが、やっぱり『ヤマザキ一番』を出囃しに使っちゃアカンわ!

9ウラ信濃はサヨナラのチャンスも潰し延長戦へ。

ちなみにBCの規定は延長は11回、もしくは3時間10分を超えたら新しいイニングに入らない、という規定がある。

福井に粘られながらも無得点に抑え、その時点で3時間10分を超えたので最終回確定。

10ウラ、先頭の大平(元ハム)がヒットで出塁。代走出て犠打で一死二塁。

当たっている柴田(元阪神のあいつではないよw)敬遠、続く松山(アンパンではないよw)死球で一死満塁。

しかし一発の期待のある朴が三振。

この時点で終わったと思いました。

最後のバッター中川翔子、てはなく、中川翔。

あー、また引き分けか、と思っていた、2ボール2ストライク。

え?

三塁走者が突進!

あれ?まだ2ボールやん!と思った瞬間、捕手のミットにボールが収まる前に、三走滑り込み。

まさか!

そう、ホームスチールで、人生初のサヨナラ勝ちを見ることが出来た!

ホンマ良かった!

何より、優勝争いの敵に三連敗くらいしていたんだが、強烈なお返しをすることができた!

元阪急、オリックス阪神で活躍した本西監督になって、野球の質が変わったように思う。

機動力を武器に隙のない野球が出来るようになりつつある。

一昨年までは、何がしたいのか、さっぱりわからなかったもんなあ。

監督もコロコロ変わるし、悪いときの阪神みたいだったわ。

本西監督!今年は信じていいですよね?