読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画「ミッドナイト・エクスプレス」

題名は脱獄を意味する隠語。監督は「小さな恋のメロディー」の脚本を書いたアラン・パーカー。脚本はオリバー・ストーン

1970年。イスタンブール。アメリカの若者が現地で気楽な気分でハシシを買い、身体に巻き付けて出国しようとしたのをテロリストと間違われて逮捕。売人を教えれば罪は軽くなるはずだったが、逃亡を図ったため、拷問を受け投獄される。トルコの法律はアメリカとは違う。彼の不幸は、外国では法を犯すとその国の法律で裁かれることに自覚的でなかったこと。アメリカでは軽い罪でも、国によっては終身刑になることもある。死刑だってありうる。以前、韓国へ修学旅行に行って万引きをした高校生がいたが、万引き程度でも逃げれば10年の刑に処せられることもある。外国で法を犯すものではない。もっと恐ろしいこともある。万引きした時に挙動不審な行動をして別の疑いをかけられたらどうなるか。たとえばスパイ容疑。スパイは国益に反する重罪だ。国によっては秘密警察の手によって、消されることもある。何が起こるかわからないのが外国なのだ。自分の国と一緒のように考えていると、それが命取りになる。この映画の主人公は捕まった時代も悪かった。トルコは中東に近い。中東がきな臭い情勢だったあの時代、ハイジャック事件やテロが横行し、トルコ政府は治安\xA4

龍嘻修謀悗瓩討い拭◀修量霎茲鉾爐呂海鵑淵吋舛僻蛤瓩鬚笋蕕ǂ靴燭里澄1燭⓰④ǂ辰燭箸靴ɔ世い茲Δ❹覆ぁ﹆侏菴瓦世辰燭覆匹噺世辰撞槪靴討發蕕┐襪茲Δ陛效亙舛任發覆い掘△修鵑併魦紊任發覆ぁ\xA3

私はこの映画のストーリーについて語ろうとは思わない。本作、映画ファンの間で隠れた名作として語り継がれてきた作品である。外国でケチな罪を犯しかねない、愚かな人にはいい薬になる、そんな戦慄的な映画である。