読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

B・フルフォード英文レポート 2017.05.08.Mo. (無料掲載分)〜

「何も起きなかった振りにもかかわらず、ワシントンDC拠点、プエルトリコに登記・登録のある株式会社アメリカ政府が先週本当に倒産した。今回のこのプエルトリコの倒産はデトロイトの倒産とは訳が違う。何故ならプエルトリコは、、

   DCに完全に所有・運営される、、、、

         だから、

   親会社は

         罪をかぶらないといけない。

 中国の財務大臣が急遽

    日本と韓国のカウンターパートとの先週予定されていた会談を

    「金融上の緊急事態」を理由にキャンセルしたのは、これが原因だ。

 またこれが原因となり、英国王室が先週、

    緊急会議をバッキンガム宮殿で開き、

     フィリップ王子の退位を公表した。」

 古歩道

 ベンジャミン・フルフォード英文レポート 2017.05.08.Mo. (無料掲載分)

・株式会社アメリカ政府に対し、

 カナダが、

 LBOレバレッジドバイアウト=巨額の外部資金により行われる企業買収:訳注)

 を仕掛ける時が来た

オリジナル記事:http://benjaminfulford.net/2017/05/08/it-is-time-for-canadian-lbo-of-bankrupt-us-corporate-government/

 何も起きなかった振りにもかかわらず、

   ワシントンDC拠点、、、、

   プエルトリコに登記・登録のある株式会社アメリカ政府が

         本当に先週倒産した。

     今回の、このプエルトリコの倒産は、、、、、

    デトロイトの倒産とは

         ””訳が違う””。。。。。

         何故なら

     プエルトリコは、、、、、

   DCに完全に所有・運営される

     子会社であるからだ。。。。。

         だから、

   親会社は、、、、

         罪をかぶらないといけない。

 中国の財務大臣が、急遽

    日本と韓国のカウンターパートとの先週予定されていた会談を

     「金融上の緊急事態」を理由にキャンセルしたのはこれが原因だ。

http://www.reuters.com/article/us-adb-asia-trilateral-idUSKBN1802V2

 また、これが原因となり、英国王室が先週、

    緊急会議をバッキンガム宮殿で開き、

     フィリップ王子の退位を公表した。。。。。

 上記両方の会議は、、、、、

 中国のゴールドにより裏付けられて

 世界の多くの王族メンバーが保有しているものであるSuper Petchili

 あるいはLung-Tsing-U-Hai債券

(:訳注=1913年発行の中国鉄国債=詳細はこのページで読めます↓https://blogs.yahoo.co.jp/masaki1234512345/64024555.html )とも呼ばれるものの

     現金化と関連している。

 これは、とあるバンカー上級職員

 (en:[...], according to a senior bank source)からの情報である。

 正確を期して言えば、

 この情報源によれば、

 退位を交換条件としてフィリップ王は彼が持つ

 このPetchili[s]債券を、現金化できる。

 これが意味するコトは

 今や、英国王室が、

 惑星を全く完全に変容させるのに

 十分なお金を手中に収めた

 というコトだ。

 もしそうなら、カナダが

 倒産した株式会社アメリカの債権者に

 レバレッジドバイアウト(en abbr.:LBO=前出:訳注)での

 融資を尋ねるポジションにある。

(訳注:[ママで直訳しすぎです、ごめんなさい。

意訳⇒](実質的に)倒産したアメリカの債権者達に対して

このPetchiliを使って

英国のCommon Wealth(CW)国[イギリス連邦のこと]であるカナダが

CWを代表して(?)アメリカにLBOを仕掛けよう、

と提案できるポジションに立った、ということかと。)

   ワシントンDCから垂れ流されている終わりなき狂気と犯罪性の

    終焉という結果に、これはなるはずだ。

 この件について詳しく見ていくが、理由は、

 これが惑星にどんな効果をもたらすかという観点でいえば、

 レーダー圏外のこの動きは、フランス大統領選挙よりも

 断然重要であるからだ。

   フランス大統領選挙。。

   これは、、、、ロスチャイルド家が、、、、

   その奴隷エマヌエル・マクロンの代わりにとなって、、、、

   盗まれたものだ。

   投票総数の66.06%という

    あなたの眼前に現れたサタニックな[得票率と]共に。

   フランスのこの選挙は

     まさに、ドイツとロシアとの欧州をめぐる代理戦争であった。

 アメリカ海軍の情報機関が報告するには、

   選挙に先立って、、ドイツの軍隊がフランスへと送り込まれた。。。。

 一方でペンタゴンがいうには、

     ロシアの軍隊がほぼ同じ時間にセルビアへと送り込まれた。

     状況が示すように、

   ヒトラーの娘ことアンゲラ・メルケルは、、、、

   父のフランス征服という成果を、、、、繰り返した。。

     今回は、オープンな戦争ではなくて

    ステルスによって。。。。

 だがにもかかわらず、日本の軍事情報機関は

 今では次のような具合に述べている。

   選挙に敗れたフランス大統領候補マリーヌ・ルペン

     実際のところは...

(訳注:無料記事ここまで、が微妙なのでこの一文↓だけでも翻訳しきるなり^^)

   モサドエージェントの娘である。

 と。

--

翻訳 monadic_photonoid

 Victory of the Light!

※以上、記事の転載は

http://neuerkosmos.blogspot.jp/2017/05/20170508mo.html?m=1

いつも何時もありがとうございます