読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

念願の病院に行ってきた

本日は日中お休み。

寝過ぎてお昼の2時起きとかどんだけ疲れてるんだかな。今日の目標は行きたかった病院だ。だが午前の診療が終わってしまったため午後の診療にした。近くの小学生が名札を付けていた。あー懐かしいな。あの名札付けてたの10年以上前か。思えばこの病院も小さい頃からよく通ってたもんだ。ソファーですら当時と変わってない。変わったのは本棚の本と人くらいだろうか。なに過去振り替えってんだか。今は今の俺を見ればいいんだ。今の俺…か。仕事忙しく、ギャンブルに溺れ、体はガタツキ。はぁー、悩み多すぎて何も面白くないな。もしあの頃の俺が隣座ってたら何て会話してるんだろう。情けない姿になってしまってすまないなと謝るだろう。でも後悔はしてない。こうなって生きていくというのが俺の人生だから。

さて、病院の診察が終わりました。小さい頃から貰っていた喘息の薬もかなり変わっていました。これでしばらくは辛くなさそうである。気づけば俺一人。どうやら最後の診察だったようだ。静かな室内で一人寂しく待っていた。

今日はここまで。

明日はお休み。またゆっくりできそうです。やはり少しは休まないとな。

では、また。