読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

可愛い訪問者 (*^_^*)

仕事から帰って、夕食の仕度に取り掛かった矢先、

ぴんぽーん

呼び鈴が鳴った。玄関をそっと開けてみると人影はなくふと視線を下ろすとそこには、女の子が二人『おばちゃん、ねこちゃん起きていますか?』答える間もなく、足元にレオンがやって来て『ニャッ』小さく返事したそれから、外の空気を吸うと、一歩一歩ゆっくり進み、前足を伸ばし シッポを上げ お尻を突き出し、大きく背伸びした『キャーかわいぃ〜』悲鳴にも似た子供達の声を物ともせずコンクリートの床にゴロゴロ転げ回った『触っていい?』と こっちを向いたキラキラした目に思わず微笑み《猫ちゃんは耳がいいから小さい声で、頭の方からシッポに向かって そぉ〜っと撫でてね》『猫じゃらしって好きなんかなぁ、探してくる』っと、どこかに消えてったそして、5分もしないうちに『なかったけぇ、草取って来たおばちゃんには お花』お礼を言い、レオンを見ててもらい、小さな瓶に入れて玄関に飾った突然の可愛い無邪気な友達の訪問に、レオンも私もいつもと違った時間を過ごした。

後日談

今朝、子供達が取って来てくれた草や花が、草刈機の音と共に刈り取られていく風景を見た

今日の来客はなさそうだ